Tel:0827-54-3800会長の佐多の事務所に繋がります。

平成28年3月29日 「仕事の基本、やり方」「行政書士と弁護士の連携」

研修会の様子

今回は2部構成でした。第1部は木山先生に「仕事の基本、やり方」というテーマで講義をして頂きました。事務所を運営していく上で経営戦略を立てる事の大切さ、時間の使い方をどうするかが重要といった内容で、基本のとても重要な部分の再確認ができました。

開業してしまうと仕事の基本について教わる機会も少ないので、非常に貴重な経験でした。

研修会の様子

第二部は弁護士の沖花先生に、先生の弁護士になるまでの経験談を交えながら、弁護士業務についての説明、行政書士が弁護士とどのように接していけば良いか等をお話し頂きました。

弁護士さんとの関係強化は今後、行政書士業務をやっていく上で重要課題だと思いました。ありがとうございました。

広島行政書士研鑽会 正会員

平成28年3月12日 判例から分析した弁護士法72条の解釈

研修会の様子

倉本先生をお招きし、「判例から分析した弁護士法72条の解釈」というテーマで講義をしていただきました。

こちらの研修は、「美味しいところは会員だけで」というセコイ考えで会員限定にしたのではなく、業際問題はデリケートな問題すぎて、公に行うのは難しい(中途半端 な解でグレーゾーンに踏み込み逮捕される者が出てくると困る)ためです。

私は、弁護士法や行政書士法に関して解説している書籍は、それなりに読んでいるつもりですが、そこで紹介されている判例は、行政書士に不利なもの が大半を占めます。

しかし、今回の研修では、行政書士に不利な判例だけでなく、書籍に載っていない、行政書士に有利な判例(行政書士の交通事故業務を認めた広島高裁 の判例、行政書士の過払金請求業務を認めると共に法的紛議説を採用した広島高裁の判例、など)もご紹介いただき、行政書士に有利は判例も沢山あることに驚きました。

有利な判例があるからと言って、安易にグレーゾーンに入ってはいけないのは当然です。しかし、情報を持っていなければ、行政書士ができる業務なのに「できない」と思ってしまう、それは資格者として勿体ないことだと思います。

今回の研修により、「行政書士」という資格にこれまでとは比較できないほどの価値を感じることができました。また、判例全文を分析する大切さと、 情報収集をする大切さを教わりました。倉本先生には、心から感謝申し上げます。

広島行政書士研鑽会 執行部

平成28年1月30日 地方都市圏で、行政書士事務所をゼロから始め、組織として運営する方法

研修会の様子

去る1月30日(土)、当会の研修に行政書士法人Asumiaの崎田先生をお招きし、『地方都市圏で、行政書士事務所をゼロから始め、組織として運営する方法』というテーマで講義をしていただきました。

地方都市である広島と、行政書士事務所がひしめく都市圏でのビジネス戦略の違い、これからの行政書士事務所に必要となるものなど、興味深く拝聴しました。個人的には、システマティックなノウハウを持った都市圏の巨大な事務所が、近い将来、地方に業務を展開し始めたとき、我々はどう対峙していくか考えていかなければと強くインスパイアされました。大変わかりやすく、内容の濃い90分間でした。

最後になりますが、崎田先生、ご来場いただいた先生方にお礼を申しあげます。ありがとうございました。

広島行政書士研鑽会 事務局 冠崎

平成28年1月6日 行政書士による内容証明郵便作成の実務

研修会の様子

行政書士による内容証明郵便作成の研修会、無事終了いたしました。土井先生、ありがとうございました。

質疑応答では、研鑽会らしいやる気のある質問も飛び出し、みんなで考えたり意見を言い合えたことを嬉しく思いました!

このよい環境を維持し、和やかではあるけれど、みんなで切磋琢磨していける、一人一人が主体となって能動的に活動していける会を全員で作り上げていきたいです。

広島行政書士研鑽会 会長 佐多 亜也子

平成27年12月9日 宅地建物取引業者免許申請の基礎

研修会の様子

宅地建物取引業者免許申請の基礎の研修会、無事終了いたしました。土井先生、ありがとうございました。

今後の研修予定

now

11月24日(木) 建設業許可専門の行政書士になるには

行政書士 山岸 忠典 先生

↑ PAGE TOP